あなたは大丈夫?航空券の使い方とは??

乗り場を確かめ、乗り遅れないようにしよう

飛行機は他の交通機関よりも所要時間が短いことがメリットですが、電車やバスなどのように出発時刻に合わせて乗り場に行けば良いわけではなく注意が必要です。飛行機は航空券に記載されている空港から出発し、機内に入るまでに搭乗手続きがあります。出発時刻は乗る飛行機が動き出す時間になるため、それまでに搭乗手続きを済ませないといけません。搭乗手続きの流れはネットで予約した画面をチェックインするための機械に通し、航空券を発行してから指定された搭乗口に集合時間までに行くことが必要です。

以上のように、飛行機は乗る前に搭乗手続きが必要で、時間に余裕を持って乗り場に行くようにしましょう。
また、空港内は規模が大きいと多くの搭乗口があり、予約する際に確かめて間違えないようにしてください。

目的地の状況に合わせ、最適な移動手段を選ぶ

飛行機は空港同士を高速で結ぶため所要時間が大幅に短くなると思いがちですが、目的地から離れた場所にあれば逆に長くなります。空港は地域によって異なりますが、市街地から離れていれば鉄道やバスなどを使ってアクセスすることが必要です。空港へのアクセスは目的地から遠いとその分時間や交通費がかかり、航空券の料金に加算する必要があります。飛行機は自宅や目的地から空港までのアクセス状況を確かめ、トータルの所要時間や料金を考えて決めることが大事です。

このように、飛行機は空港が近いと所要時間が短いですが、遠くなれば逆に長くなることもあります。
このため、トータルの所要時間やかかる費用を計算し、比較してから決めるように考えてください。