欠かせない!!旬の地方の食材とは??

一番美味しい旬の時期に海の幸を食べに行こう

海が広がる沿岸部や漁師町では、海の幸を楽しむ旅行客で賑わいます。海沿いには旬の魚介類を提供してくれる料理自慢の宿が並ぶことでしょう。潮の香の漂う中、温泉に入ったり海水浴をしたりと楽しみ方もさまざまです。海の幸は、冬場は牡蠣やカニが旬の時期です。カニすきや牡蠣フライなど、本場の味は一度食べると忘れられません。春が旬で観光地でも人気の食材は、はたはたです。タイやサザエも美味しい季節ですね。夏はイカ、秋はババチャンと呼ばれる深海魚が人気のエリアも。アンコウに似た触感で、ババチャン鍋を食べられる宿もあります。

近年では1年中スーパーなどで売られている魚介類も多いですが、やはり本場の旬の海の幸は一味違います。海の幸を一番美味しい時期に食べに行ってみましょう。

山の幸を満喫する旅行プラン

旬の食材では、山の幸もたくさんあります。山深い秘境の地では、宿のおかみさんが自ら山へ山菜を摘みに行き、山菜天ぷらや山菜の佃煮などを味わえる所も見られます。その土地でしか採れない珍しい山菜にも出会えるかもしれませんね。春は山菜のほかに、タケノコも旬です。夏は枝豆や玉ねぎ、とうもろこしなどがあります。もぎたてのとうもろこしは茹でずに食べることができて、その甘さに惚れ込んで毎年その地を訪れる旅行客もいるくらいです。そして秋はキノコですよね。キノコたっぷりの鍋料理も美味しいものです。冬は大根などの根菜類を使った郷土料理などが宿では振舞われます。冬は猪肉のぼたん鍋も美味しい季節です。なかなか都会では食べることができない猪肉に舌鼓。

旬の山の幸を楽しめる旅行プランも大人気です。旬の食材には、その季節に合う効用もあります。冬なら体を温めてくれますし、夏は疲労回復効果により夏バテ対策にもつながります。